*

養豚業で「豚の交尾」は経営を行う上で重要事項な訳

公開日: : 養豚について

養豚にとって豚の交尾(種付け)の重要性

豚の交尾

久々の更新ですが、とてもいろいろとイベントがあり(結婚とか、引越しとか)とても忙しかったのです。

今回は養豚を行う上で、とても重要なことに豚の種付け、そう豚の交尾についての重要性を伝えたいと思います。

養豚業を3年しかやっていませんが、とても重要なので肝に銘じるためにも書いてみます。

 

そもそも売る豚を作らないと経営が成り立ちません!

養豚業は、豚の種付け(交尾)を行って、子豚をたくさん作り、子豚を育てて大きくさせて、出荷する流れになります。

  1. 豚の種付け(豚の交尾)
  2. 母さん豚が妊娠
  3. 母さん豚が子豚を出産
  4. 子豚を大きく育てる
  5. 育てた豚を出荷

その売り物になる豚を作るために、豚の交尾を計画的に行わなければいけません。

なぜ、計画的に豚の交尾を行わなければいけないか?

売り上げがバラつきが出てしまうためです。(出荷する頭数が月毎にバラつきが出てしまうため)

たとえば、1月を5頭種付け、2月は10頭、3月3頭種付けをしたとします。

そして子豚が生まれるのが種付けをしてから113日後なので約4ヶ月後です。

1頭が平均10頭の子豚が生まれるとしたら、4月に50頭、5月に100頭、6月に30頭、子豚が生まれます。

その後、子豚が順調に成長して6ヶ月で出荷になりますので、10月50頭、11月100頭、12月30頭の出荷です。

種付けから出産・出荷の説明

また、売り上げとして、平均で3万円/頭とすると

種付けから出産・出荷・売上の説明

10月が150万円、11月300万円、12月が90万円の売上になり、売上が不安定しなく、とても経営が苦しくなります。(支払いなど)

支払いは、豚ちゃんたちの餌代、電気代、人件費、ガソリン代などなど、固定費は毎月支払い額はたいてい一定なのに、収入が不安定だととても厳しくなります。

そこで、経営を安定させるためにも、出荷頭数を毎月一定にする→出産する子豚の数を一定にする→種付けの数を一定にするということになります。

 豚の種付け(交尾)は、10ヵ月後の売上を作ること!

養豚業の経営で、毎月一定の出荷頭数を確保するために、毎月一定の子豚を生ませ、毎月一定の豚の種付け(交尾)を行うことが10ヶ月後(出産まで113日+出荷まで180日=293日(約10ヶ月後))の売上を作っていることになるんです。

来月売上を上げるぞ!といっても出来ないのですが、毎月確実に一定数種付けを行い、まわしていければ安定収入になってきます。

まだ、出産してから出荷までに豚がなくなってしまうことや出荷した時の相場等などいろいろ変わってきますが、基本的な流れは以上になります。

僕は、いまやっていることは、10ヶ月後の売上だ!と言い聞かせて、ストックを増やすような気持ちで行っています!

それではまた~!

 

 

ad

関連記事

豚のにおいはどんなにおいなのか?

豚は、どんなにおいがするのか? 豚が臭いと一般的に思われていますが、じゃあ実際どんなにおいがするの

記事を読む

no image

定石のやり方がなんとなくわかってきた(後編)

定石のやり方がなんとなくわかってきたことで実際に行っていること 先日の記事の続きで、実際にどういう

記事を読む

no image

実は豚の生産能力はとても高いんです!

驚くべき豚の生産能力! 豚の生産能力がいかに優れているのか一般の人に噛み砕いて

記事を読む

養豚界で話題のエコフィードのリキッド飼料を与えてみた

養豚業界で話題沸騰中のエコフィード 養豚業界で最近とても話題沸騰中なのは、エコフィード。 エ

記事を読む

no image

定石のやり方がなんとなくわかってきた(前編)

定石のような、やり方がわかってきた今日このごろ 定石、定跡(じょうせき)とは、アブストラクトゲーム

記事を読む

豚はドS!?養豚場の現場でのひとこま

養豚場の現場では豚はドSな攻撃がある 養豚場では、豚さんたちとのふれあいがとてもたくさんありま

記事を読む

地元名産の「干し芋」を豚に食べさせてみた

さつまいもが名産地は、豚の名産地である 昔はさつまいもが名産地ではくず芋を豚に食べさせていたという

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ad

農場のせがれのペルソナ

このサイトにはターゲットとしていたペルソナ像がありました。

働き方改革
働き方改革

働き方改革[/caption] 今年は去年までの疲れがドッと出

結局これが一番コスパが良い!iphone6sのケース

なんでiphone6sのケースがほしくなった iphones

農ガール、農ライフを読んで

なぜ「農ガール、農ライフ」を選んだのか 田舎で養豚での自分が

ブログを書き続けるのがしんどい方へブログを続ける方法

ブログを書き続ける方法 ブログを書き方でどうしても続けるのが難しい。

→もっと見る

PAGE TOP ↑