*

実は豚の生産能力はとても高いんです!

公開日: : 養豚について




豚の驚くべき生産能力とは

驚くべき豚の生産能力!

豚の生産能力がいかに優れているのか一般の人に噛み砕いてご紹介したいと思います。(養豚業に携わっている方は常識な内容でありますが・・)

1頭の母豚が1年間に生産・育成する子豚数はなんと20頭!

1頭の母豚が種付を行い出産まで約114日。1回の出産で約10頭なので、出産後の発情期がうまくいけば年間20頭の出産を行うことができます。

年間2回の出産を行うので、人間で考えたらかなりの年子を産む感じになりますが、いかに多くの元気な子豚を出産させるかが養豚業の重要な仕事でもあります。

半年後に体重が78.5倍!?子豚の爆速成長スピード!

一般的な子豚は約1.4~1.5kg程度の体重で生まれてきます。そしてその半年後には体重が約78.5倍の110~115kg程度に肥えて出荷されます。

みなさん、生まれて半年でもう100kg越えですよ?すごくないですか?

しかも生まれて半年で出荷されるわけですから、その間は好きなものを腹いっぱい食べさせてやりたいと思うわけですよ。

最成長期にはなんと1日1kg増大!3kg食って1kg増やす!

そして、最も成長が良い時期は、なんと1日に1kg程度ガッツリ増え続けます。その頃の食欲は1日に3kgほどの餌をガッツリ食べて、寝て、そして1日1kg増大していきます。

まさに、目を見張るようにすくすくと肥えていく豚を見ていくとうれしくなってきます。

人間ではまず、3kg食べることも難しいですが、1kgを体を増大させていく姿は圧巻です。

そして110~115kgの豚が出荷される際には、皆様のところにお肉として提供できる部分が1頭当たり約78kgになります。

母豚は年間2,000kgのお肉を生産しています!

母豚が年間に2回出産で一回の出産で約10頭します。そして生まれた子豚が半年で約110~115kgになります。そうすると下記の式になります。

母豚は年間に約20頭出産 × 出荷される時の豚は110~115kg = 2,000kg

母豚が1頭で年間約2,000kgを生産していることになります!

2,000kgっていうと何人前になるんですか?凄過ぎです。はい。

そんな母豚ですので、多少「ブキー!(餌がねーぞ!)ブキー!!(水も出が悪りーぞ!ごらぁ)」と言ってきてもやさしく暖かく対応しながら毎日頑張っていきます。

 

ad

関連記事

地元名産の「干し芋」を豚に食べさせてみた

さつまいもが名産地は、豚の名産地である 昔はさつまいもが名産地ではくず芋を豚に食べさせていたという

記事を読む

no image

定石のやり方がなんとなくわかってきた(前編)

定石のような、やり方がわかってきた今日このごろ 定石、定跡(じょうせき)とは、アブストラクトゲーム

記事を読む

豚のにおいはどんなにおいなのか?

豚は、どんなにおいがするのか? 豚が臭いと一般的に思われていますが、じゃあ実際どんなにおいがするの

記事を読む

養豚業で「豚の交尾」は経営を行う上で重要事項な訳

養豚にとって豚の交尾(種付け)の重要性 久々の更新ですが、とてもいろいろとイベントがあり(

記事を読む

豚はドS!?養豚場の現場でのひとこま

養豚場の現場では豚はドSな攻撃がある 養豚場では、豚さんたちとのふれあいがとてもたくさんありま

記事を読む

no image

定石のやり方がなんとなくわかってきた(後編)

定石のやり方がなんとなくわかってきたことで実際に行っていること 先日の記事の続きで、実際にどういう

記事を読む

養豚界で話題のエコフィードのリキッド飼料を与えてみた

養豚業界で話題沸騰中のエコフィード 養豚業界で最近とても話題沸騰中なのは、エコフィード。 エ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ad

農場のせがれのペルソナ

このサイトにはターゲットとしていたペルソナ像がありました。

働き方改革
働き方改革

働き方改革[/caption] 今年は去年までの疲れがドッと出

結局これが一番コスパが良い!iphone6sのケース

なんでiphone6sのケースがほしくなった iphones

農ガール、農ライフを読んで

なぜ「農ガール、農ライフ」を選んだのか 田舎で養豚での自分が

ブログを書き続けるのがしんどい方へブログを続ける方法

ブログを書き続ける方法 ブログを書き方でどうしても続けるのが難しい。

→もっと見る

PAGE TOP ↑